【ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛?】4つの対策で上手に運動・ダイエット!

4本指を立てる男の子 ハンドクラップダンス
ミカ

こんにちは。ワンチャン☆ダイエットラボのミカです。

今回は、

「ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛に」

というテーマです。

  • 流行っているから
  • 道具もいらないし自宅で簡単にできるから
  • インフルエンサーの動画が楽しそうだったから
  • 産後太り解消のため

こうした理由から実践する方が増えているハンドクラップダンス。

要は、気軽に自宅で行えるダイエット的な運動として人気を博しているみたいですね。

でも、調べてみると、そのハンドクラップで

「ふくらはぎが筋肉痛になる。」

と言った声がありました。

これ、本当なんでしょうか?

詳しく調べてみました。

 

「ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛」その原因と対策を調査しました

ということで、ここからは。

ハンドクラップダンスでふくらはぎが筋肉痛になるというのが本当なのかどうか。

そして本当なのであれば原因と対策はどのようなものが考えられるのか?

調査した結果をまとめていきたいと思います。

 

「ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛になった」人の声

まずは、私がハンドクラップダンス実践者、30名に行ったアンケートの中から、

「ふくらはぎが筋肉痛になった」

と言っていた方、あるいはそれに近い意見を言っていた方の声をご紹介します。

 

女性
慣れるまでは飛んだら跳ねたりするので足首やふくらはぎを痛める可能性があります。実際に私ははじめてすぐに膝下が痛くなり、慣れるまで辛かったです。そして目に見えて効果が出るのに時間がかかり、すぐに痩せませんでした。(30代)

 

女性
初めの頃は、ふくらはぎと全身の筋肉痛に苦しみました。全体的に痩せることはできたのですが、やはり胸が落ちてしまったと感じます。また慣れるまでは非常に辛く、全身に汗を描きます。またマンションなどに住んでいるとジャンプの足音が気になります。(20代)

 

女性
初めてやった時はふくらはぎがつりそうになり、子育てに影響が出ると思いすぐに中断しました。しばらく続けるとずっとジャンプなので胸は落ちました。同じことの繰り返しなので飽きてしまって続かなかったです。色んな筋トレの方が続いています。(20代)

 

このように、

「ふくらはぎが筋肉痛に」という、直接的な表現を使っていた方は30名アンケートを取った中で1名しかいませんでした。

 

でも、上記のように、ほとんどそれに近い表現をしている方はたくさんいました。

 

やはり、何回もジャンプしたり、屈伸したりするエクササイズで、もろに「ふくらはぎに負担」が来るので、ふくらはぎが筋肉痛になったり、つりそうになったりするのはどうしても避けられないようですね。

 

「ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛になる」原因は?

では、ハンドクラップダンスでふくらはぎが筋肉痛になる原因はなんなんでしょうか?

 

さっきも少し触れたのですが、やはり一番の原因は、

 

飛んだりはねたりする運動だから

という理由が大きそうです。

 

足腰をかなり使う運動なので、毎日きちんと続けることができれば、たしかにかなりのダイエット効果は期待できそうです。

 

ですが、相当下半身、ふくらはぎ、膝に負担が来るのでどこかしらが痛くなったり、筋肉痛になることは織り込み済みの上でやらないとならないのかもしれません。

 

「ハンドクラップでふくらはぎが筋肉痛になる」対策は?

では、そんなある程度、「織り込み済み」と考えないとならないかもしれない、ふくらはぎの筋肉痛。

 

とはいえ、なにか防ぐ術、対策はないのでしょうか?

 

もちろん、対策はあります。

主に考えられる対策は以下の4つ。

 

  1. 食事制限との組み合わせ
  2. ヨガマット
  3. 前後にストレッチ
  4. サポーター

 

です。

 

詳しく見ていきます。

 

食事制限などとの組み合わせ

まずは、食事制限との組み合わせです。

 

別の言い方をすると、ハンドクラップダンスの負担をできるだけ軽減すると言い換えることができます。

 

ハンドクラップは、たしかに運動不足解消や、ダイエットにはかなり効果的ですが、それだけ体には負荷がかかります。

 

下手したら日常生活に大きな支障をきたすかもしれません。

 

そうならないように、ダイエットを「ハンドクラップ」だけに頼るのではなくて、適度に食事制限と組み合わせる。

 

例えば、こちらも無理のない範囲で糖質制限をしてみたり、1食分をスムージーに置き換えてみたり。

 

そうして、ハンドクラップ以外のダイエット方法と組み合わせてみることで、ふくらはぎの負担を軽減して、筋肉痛になるリスクを抑えることができるかもしれません。

 

あとは、ダイエットサプリと一緒にやるっていうのもありですね。

 

最近のダイエットサプリは身体に危険を及ぼすような成分はかなり少なくなってきていて、腸内フローラを整えて、自然に美しく痩せるためのダイエットを後押しする。

 

そのような商品が増えています。

 

もちろん、ダイエットサプリを飲むだけで痩せるとか、目標を達成できるとか。

 

そんな無責任なことを言うつもりはありませんが、ハンドクラップと組み合わせれば鬼に金棒。

 

ダイエットサプリの整腸作用と、ハンドクラップのカロリー消費で、思いもかけず、短い期間で目標を達成できるようになるかもしれません。

 

ダイエットサプリとの組み合わせを試してみるのであれば、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

すっきり苺で仰天!パツパツ30代が1ヶ月飲み続けた結果、驚きの変化が・・・!
すっきり苺というダイエットサプリを飲み続けてダイエットに励んだ私の体験談をご紹介しています。まさかこんな結果が出るとは思わなかったので、かなりの衝撃を受けました。ダイエットに悩んでいる女性はぜひ読んでみてください。

 

ヨガマットで衝撃軽減

あとは、ヨガマットを敷いて、できるだけ「ふくらはぎ」、下半身の負担を軽減してあげるのも手です。

 

ヨガマットは安いもので

 

 

このくらいの金額で、それでいて品質が良くて、口コミ評価が高い商品もたくさんあります。

 

このような、床に敷く対策で下半身とふくらはぎの負担を軽減して、筋肉痛のリスクを遠ざけることも大切なポイントです。

 

前後にストレッチ

あとは、これもある種当然のことではありますが、ハンドクラップの前後にストレッチをすることで、ふくらはぎの負担を軽減することができます。

 

ひいては、筋肉痛のリスクを低減できます。

 

ストレッチにはこのような効果があるとされています。

 

ストレッチで、柔軟性を高めると筋肉を動かすことにより、筋温が上昇します。ウォームアップなどで行うと、運動によるケガや筋肉痛をある程度予防することができます。

ストレッチの目的と効果 | ストレッチ専門店SUPERストレッチ(スーパーストレッチ)

 

このように、筋肉痛になるリスクを避けたいのであれば、やはりストレッチを入念に行うことが大切なようです。

 

さらには、こちらのサイトでは、ふくらはぎの筋肉痛に効くストレッチの方法を教えてくれています。

 

体育座りのように座り、ふくらはぎの痛む部分、あるいはかたくなっている部分を探します。そこを両手の親指でゆっくりと痛気持ちいいくらいの力で押さえます。その状態をキープし、足首を上下に10回ほど動かします。

運動不足でも関係ない!筋肉痛を明日に残さない部位別ストレッチ方法

 

動画ではこちら。

 

 

このような、サイトや動画を参考にして、ふくらはぎの筋肉痛の予防

 

あるいは筋肉痛になってしまったときの対策を講じておくことも大切です。

 

サポーター

また、ハンドクラップをやるときにはふくらはぎの部分にサポーターを付けておくことで、同じく筋肉痛になる可能性を下げることができます。

 

 

 

このように比較的安価に、手軽にサポーターは買うことができるので、

 

「ハンドクラップをやるとどうしてもふくらはぎが筋肉痛になる。」

 

と、悩んでいる方は、こうした、サポーターを付けてみると幾分か違うかもしれません。

 

まとめ

ここまで書いてきたように、ハンドクラップダンスは、ダイエットや運動不足解消には最適。

 

気軽に手軽に、誰でもどこでもできるという点からメリットがたくさんあるエクササイズです。

 

ですが、あまりにもやりすぎると、ふくらはぎが筋肉痛になるリスクがあります。

 

そのため、ハンドクラップをダイエットや運動不足、健康促進のために取り入れるのであれば、

 

  • 食事制限などとの組み合わせ
  • ヨガマットで衝撃軽減
  • 前後にストレッチ
  • サポーターで保護

 

このような対策も同時に取り入れて実践したほうが良さそうです。

 

実際、ハンドクラップをうまく取り入れれば、このように嬉しい結果を手に入れることができている人もいます。

 

7-8kgのダイエットに成功しました。音楽、ダンスが好きな人にはとても向いていると思います。ダンスを覚えれば好きなテレビや動画を見ながらできるので飽きません。

 

楽なことばかりではなくて、厳しいこともある、ハンドクラップですが、ちゃんと続けていればこのような嬉しい効果を実感できている人もいるんですね。

 

もちろん、効果の感じ方は人それぞれ違うと思うので、あまり無理せず、根を詰めすぎずに適度に継続する。

 

今回ご紹介した対策も適度に取り入れながらじっくり腰を据えて実践していくのがおすすめです。

 

今回ご紹介した対策や実践方法が、あなたのダイエットに少しでもお役に立てれば何よりもの幸いです。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました