レコーディングダイエットで「続かないの壁」に絶望?「ソウパラ」と「コミュニティ」で楽々攻略!

レコーディングダイエット

レコーディングダイエットって知っていますか?

 

自分の食べたものやカロリー、栄養素を記録するだけで、みるみる痩せていくという嘘のような本当のダイエット。

 

もし、そんなことが本当に可能なのであれば、それこそ「魔法のようなダイエット」といえますね。

 

ということで、レコーディングダイエット、挑戦してみよう。

 

と、意気揚々にレコーディングダイエットに挑戦するものの・・・

 

ほとんどの方がある「壁」にぶつかってレコーディングダイエットをやめてしまいます。

 

その「壁」というのが・・・

「続かない」という壁です。

 

どんなに「痩せたい」という気持ちが高くてもこの「続かない」という壁を超えない限り、理想とする結果、目標を達成することができません。

 

でも、待ってください。

レコーディングダイエットって、読んで字の如く、

「記録する」

だけのダイエットですよね?

 

運動や食事制限のように「つらい思い」を乗り越えないとならないわけではないので、一見すると「続かない」の意味がわからないようにも思えるのですが・・・

 

そこにはレコーディングダイエットを実践した方にしかわからない「ある苦悩」がありました。

 

今回の記事では、レコーディングダイエットが「続かない」とされる原因と、その対策や成功者の声を、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

これからレコーディングダイエットに挑戦しようと思っている方はもちろんのこと、すでにレコーディングダイエットに取り組んでいるけれど、同じように「続かないの壁」を突破できずに悩んでいる方も、ぜひ参考にしてください。

 

「レコーディングダイエットが続かない」原因と対策を調査してみました

ということでここから、レコーディングダイエットが続かない、その原因と対策を詳しく解説していきます。

 

打ち砕かれる希望、立ちはだかる壁

そう・・・

繰り返しになってしまうんですけど、レコーディングダイエットで「痩せる」ためにはある「壁」を乗り越えないとならないんです。

 

その壁こそが、「続かないの壁」

 

せっかく、

 

  • 痩せたい
  • 綺麗になりたい
  • 好きな服を着られる自分になりたい

 

こんな理想を抱いて、レコーディングダイエットをはじめても「続かないの壁」を乗り越えない限りは、その目標や目的が達成されることはありません。

 

まさに、打ち砕かれる希望

 

ほとんどの、レコーディングダイエット実践者は「続かないの壁」の前に、その儚い希望を打ち砕かれているんです。

 

「続かないの壁」に希望を打ち砕かれた、実践者たちの声

ここからは、実際にレコーディングダイエットに挑戦して「続かないの壁」にその希望を打ち砕かれた方々のリアルの声をご紹介します。

 

これらの声は、私がお金を払って集めた、実際のレコーディングダイエット実践者たちの声なので、信憑性はかなり高いです。

誤字脱字もあえてそのまま掲載しています。

 

途中で記すのが面倒になってしまい続けられませんでした。食べてしまったものをすべて書かなきゃならないので、やはりストレスもありました。

50代女性

 

正直、続けられませんでした。私が飽き性なのもあるのかもしれませんが、専用のアプリ(メニューを入力すると勝手にカロリーが計算されるもの)を使っても、一々打ち込んでいくのが面倒で仕方ありません。

20代女性

 

やってて面白くないので飽きるし続かないので、一時的にやせてもリバウンドする。

40代男性

 

たしかに記録するだけではあるのですが、外出先だったり、子どもの昼寝中に口に掻き込んだりする日もあり、なかなか落ち着いて書ける環境がなかったので続きませんでした。記録の時間を捻出するため、子どもに「待っててね」と言うのも嫌だなと思い、やめました。

30代女性

 

そもそも日記を付ける習慣がなかったり、小学校時代の夏休みの宿題にあった日記を最終日にまとめて書いていたような人には絶対に続けられないと思います。また、同じような内容になってしまう日々が続くと「これ、書かなくてもよくない?」と億劫になってしまいます。

20代女性

 

とても、切実な悩みばかりですね・・・

 

「痩せる」

 

という評判を信じてはじめてみたレコーディングダイエット。

 

「痩せたい」理由やその方法は人それぞれでも、レコーディングダイエットを実践した方々が、口を揃えて言うのは、「続けられなかった」という声。

 

中でも個人的に、一番目を惹かれたのが、上記実践者たちの声の4番目。

 

「お子さんがいて続けられなかった」というケース。

 

ただでさえ、子育てで手一杯で、自分自身の食事は、

「子供の昼寝中に口に掻き込んだりする」

ほど忙しいのに、そんな状態でレコーディングダイエットなんて、続くはずもないですよね。

 

しかも子供に、その記録の時間のために「待っててね」なんていっても、まだ物心がつく前の子供が理解してくれるはずもありません。

 

「ママはレコーディングダイエットの記録中だからちょっと待ってよう。」

 

なんて思ってくれるはずもないですよね(笑)

 

そう考えると、一見簡単そうに思えるレコーディングダイエット。

 

「続かない」と言って、途中で断念してしまう人がいるのも、納得してしまう部分があります。

 

単純に、

 

  • 根気がないから
  • 気持ちが弱いから
  • 継続力がない

 

などの一言で片付けられる問題ではなく、レコーディングダイエットを続けられない方の理由や事情は人それぞれ違った、重いものがあったりします。

 

もちろん、中には単純に継続が嫌いで続けられないっていう人もいるのかもしれませんけど、ただ、

 

「途中で挫折してしまった。」

の一言で、レコーディングダイエットの失敗を一括にしてしまうのは軽率なように思えます。

 

「レコーディングダイエットが続かない」原因と対策を解説

ここからは、レコーディングダイエットが続かないとされる原因と対策を解説していきます。

原因は?

まず、レコーディングダイエットが「続かない」とされる原因はなんなんでしょうか?

 

私が独自に集めたアンケート結果をまとめた結果、主な理由としては以下のものが挙げられることが判明しました。

 

  1. 面倒
  2. 飽きる
  3. 結果を焦ってしまう
  4. 環境が整ってない
  5. 記録をつける習慣がない

 

主な理由は以下の5つ。

 

これをもっとシンプルに分けると、

 

  • 面倒くさい
  • モチベーションが続かない

 

大きくグルーピング・・・

正確に言うと、「レコーディングダイエットが続かない」とされる理由の多くがこの2つに大別されるようでした。

 

対策は?

レコーディングダイエットが続かない、主な原因を

 

  1. 面倒くさい
  2. モチベーションが続かない

 

の2つに大別しましたが、では、その2つの原因を乗り越えて、レコーディングダイエットを成功に導くための「対策」はどんなものが考えられるのでしょうか?

 

レコーディングダイエット実践者の声も交えてご紹介します。

 

面倒臭さをなくすコツ

レコーディングダイエットはたしかに面倒くさいです。

 

手書きでやるのは面倒ですし、

 

【あすけん】レコーディングダイエットアプリを試してみたレビュー
レコーディングダイエットは、簡単なようで続けるのが大変という口コミをよく目にします。そこで、少しでも簡単に続けられるようにアプリを使って記録してみることに。私が選んだの「あすけん」というアプリの3つのメリットをご紹介します。

 

こちらの記事で紹介しているようなレコーディングダイエットアプリもありますが、それでも人によっては「アプリでもめんどくさい」と感じる人がいます。

 

その、レコーディングダイエットの面倒臭さを軽減するための3つの方法を書き記します。

 

それは以下の通り。

 

  1. 100kcal単位で記録
  2. 先に食べるものを決めてしまって記録
  3. 略称マークを決める

 

ザックリとした計算・表記

まずレコーディングダイエットは、細かく記録しようとすると「面倒臭い」という気持ちが生まれてきてしまいます。

1回や2回ならまだしも、それが毎日、しかも何ヶ月も続くと考えると億劫になってしまいますね。

 

だから、記録をあえて、100kcal単位、つまり「ザックリとしたカロリー計算・表記」にすることで、記録の面倒臭さを軽減することができます。

 

順序を逆にする

そして、あえて、先に食べるものを記録する。

(言い換えると順序を逆にする)

 

普段だったら、

 

  1. 食べるものを決める
  2. 食べる
  3. 記録する

 

という、面倒な3ステップになりがちなレコーディングダイエットも、先に食べるものを記録するようにすれば、

 

  1. 食べるものを決めて記録
  2. 実際に食べる

 

という2ステップで済ますことができるようになります。

 

つまり、記録を、

「食べたものベース」ではなくて「記録するものベース」にすることによって手間を省くことができます。

 

シンプルに言うと、予め記録した上で食べるということですね。

何気ないことですがこれ、大きいと思います。

 

ご飯を食べたあと、お腹いっぱいの状態だと、眠くなったり気だるくなったりで、レコーディングする気が失せます。

 

もちろん、食べたあとに記録したほうがより正確な値(予想外に食べるものもあるかもしれないから)が記録できるかもしれませんが、それでも、「記録しないよりは遥かにマシ。」

 

そう言い聞かせて、あらかじめ「記録してから食事する」というように順序を逆にするのも良い手段です。

 

略称マークを決める

これは、ノートで記録する場合の話しですが、よく食べる食事については、略称マークを決めておくことで、小さいですが、時短になり、「めんどくさい」という気持ちを軽減することができます。

 

例えば、私個人で言うと、私は月曜の昼間はたいてい「お蕎麦」を食べます。

 

そうした、

 

「この曜日のこの時間の食事はたいてい固定。」

 

というような食事があれば、それに関しては略称を決めておくと便利です。

 

ソウパラ

 

 

これは、私が勝手に決めた略称ですけど(笑)

 

こんな感じで、固定で食べる食事はこういう略称にすることで楽になるし、ある意味少し楽しさも浮かぶかもしれません。

(「これはなんの略称にしょうかな~」みたいな楽しみ。やりすぎは逆に複雑になってしまうので危険ですが)

 

モチベーションを維持するコツ

次に、モチベーションを維持するコツですが、こちらも主に2つあります。

 

ですが、基本は「人」が関係しています。

 

人を巻き込む

今回集めたアンケート回答の中にこのような声がありました。

 

家族や友人など、周りのひとと一緒に始めるといいと思う。定期的にレコーディングしたノートなど見せあってお互いに点検しあえる。

 

これはとってもいいアイデアですね。

 

いい意味で人を巻き込む。

 

一人じゃ辛いことも家族や友人と一緒に時には点検しあったり、時には競い合ったりすることでモチベーションを維持できるようになります。

 

いい意味で人を巻き込むことは、レコーディングダイエットのモチベーションを維持するための秘訣と言っても過言ではないかもしれません。

 

コミュニティに入ってみる

また、同様にアンケートの中でこのような声もありました。

 

個人的には、面倒臭いなと嫌になった時にやっていたのは、SNSで同じく自分のようにレコーディングをしている人の投稿を見て刺激を受けることでモチベーションを維持していました。

 

なるほど。

 

SNSを見て、自分と同じようにレコーディングダイエットをしている人の投稿を見て、刺激を受けるのは確かにいいアイデアですね。

 

もちろん、それもいいですし、それを見て私が思い浮かべたのはコミュニティ。

 

調べてみたら、レコーディングダイエットをみんなで一緒にやるフェイスブックグループもあるようでした。

 

Facebookグループ
レコーディングダイエットのメンバー616人

 

Facebookグループ
夢が叶うレコーディングダイエット部のメンバー10人。レコーディングダイエットとは、食べたものを記録するダイエット方法。ひとりでは挫折しがちなダイエットも、応援しあえる仲間の存在で続けられるもの。それぞれのペースを認めつつ、安心安全の場で行います。減量、美活、修行(笑)目的はそれぞれでも向かうところは一緒。 ダイエット...

 

私が調べた限りでは2つ。

調べればもっとあるのかもしれません。

 

で、この記事を書いている2021年5月18日の時点では、2つ目に書いたコミュニティの方が、人数は少ないものの、活発に投稿されているようなのでいいかもしれません。

 

ちなみにこちらの記事で、そのグループの紹介もありました。

 

『夢が叶うレコーディングダイエット部はじめます』
こんにちわ。心理メソッドストレスクリア®トレーナーコーチ&国際薬膳師の逢坂由紀(ばな)です。心理・身体・食から軽やかな生き方を探求しています。  ダイエットに…

 

なんだか信用できそうな記事内容ですね!

 

もちろん、管理人に承認されればの話ですが、こうしたレコーディングダイエットのコミュニティに属してみるのもモチベーションを保つ良い手段と言えるかもしれません。

 

乗り越えればこんないいことが

続けるのが容易ではないレコーディングダイエット。

 

しかし、その「続かないの壁」を乗り越えた先にはこんな嬉しい結果が待っているみたいです。

 

最初はアプリで1日に食べたものを記録し続けたのですが、自分がいかに健康を考えずに無駄な食事ばかりをしていたか実感できました。同時に毎日体重計に乗るようにしたので、序盤はどんどん体重が落ちていくのがデータとして見えて楽しかったです。結果的に2年続けて20kgの減量に成功しましたが、冷静にコツコツ続けることができるかが鍵だったのかと思いました。頑張った自分へのご褒美等に走らず、あくまでも記録を見ながら普段の生活を心がけることが重要だと思いました。

30代女性

 

もちろん、環境や体質、また、年齢によっても違うので、みんながみんな、レコーディングダイエットを実践すれば同じような結果が出るとは限りません。

 

けれど、この方のように、レコーディングダイエットを乗り越えた先に目的を達成したという方がたくさんいるのも確か。

 

確かに面倒だし、モチベーションを維持するのが大変なレコーディングダイエット。

 

だけどそのモチベーションと面倒の壁。つまり「続かないの壁」を乗り越えた先に、理想とする自分の姿があることを考えると、がんばって取り組むだけの価値は十分ありそうですね。

 

レコーディングダイエットはおすすめ!だけど、むずかしいなら・・・

ここまで書いてきたように。

 

レコーディングダイエットそのものは、この長引く自粛生活の中で、特に強く、おすすめしたいダイエット法です。

 

先程書いたように、このレコーディングダイエットで成功した人はたくさんいます。

 

今までのダイエット方法でいい結果が得られなかった、と思うのであればぜひ試してみてください。

 

・・・でも。

 

どうしても、このレコーディングダイエットが続けられない。

 

それこそさっき書いたように、お子さんがまだ小さくて、そもそも、ご飯を食べる時間すらまともにない。

という方もいると思います。

 

そういう方に強くおすすめしたいのがこのサプリです。

 

すっきり苺で仰天!パツパツ30代が1ヶ月飲み続けた結果、驚きの変化が・・・!
すっきり苺というダイエットサプリを飲み続けてダイエットに励んだ私の体験談をご紹介しています。まさかこんな結果が出るとは思わなかったので、かなりの衝撃を受けました。ダイエットに悩んでいる女性はぜひ読んでみてください。

 

  • レコーディングダイエットがどうしても実践できない・・・
  • サプリでダイエットしたい

 

と思うのであれば、ぜひ試してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました